Fire-King - ファイヤーキング

ファイヤーキングってなに?

・ファイヤーキングとは、アメリカのアンカーホッキング社が1940年代〜1970年代に製造していた耐熱ガラスブランドのことです。
・丈夫で割れにくく、当時のアメリカではスーパーなどでリーズナブルな価格で普通に販売されていて、 アメリカの一般家庭でポピュラーな食器でした
その丈夫さから、レストラン仕様のシリーズもあり、実際にレストランで使用されていたりもしたのです。
・ファイヤーキングはミルクガラスというガラスでできていて、他のガラス製品とは違うツヤと透明感があり、 優しい色合いでどこか暖かみを感じます。
そのミルクガラスの魅力である透明感は、コーヒーを注いだときに最も堪能することができます。
注ぐとコーヒーの色がぼんやりと透けて見えるのです!それでファイヤーキングの虜になった方も多いのではないでしょうか・・・♪
なんとも言えない美しい色で、優雅な気分でコーヒータイムを目で見ても楽しむことができます☆
・マグカップをはじめ、プレートやボウル、カップ&ソーサーなど種類やカラーバリエーションは大変豊富で、
・1976年に製造は終了しましたが、それから30年以上もの年月が経った今でも、アメリカのみならず日本でもコレクターなど沢山の人に愛され続けています。


http://rein.shop-pro.jp/ ★お求めはコチラ★ ファイヤーキングとヴィンテージアメリカン雑貨のオンラインショップ「reins」

トップに戻る